So-net無料ブログ作成
アフィリエイトならリンクシェア

遺体焼却に使用された棚を発見、アウシュヴィッツの火葬場跡<国際ニュース : AFPBB News> [地理・歴史全般]



こんにちは、こういちです

人類の「負の遺産」として、世界遺産に登録されている

「アウシュヴィッツ・ビルケナウ(Auschwitz-Birkenau)強制収容所」

において、火葬場跡で陶製の棚が発見された、とのAFPBB News
記事を掲載します。

【10月15日 AFP】ナチス(Nazi)ドイツのアウシュビッツ・ビルケナウ(Auschwitz-Birkenau)強制収容所にある火葬場跡の保守作業中に、ユダヤ人を中心とする収容者らの遺体を載せて焼いていたとみられる棚の破片を発見したと、アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館が14日明らかにした。

 ポーランド南部オシフィエンチム(Oswiecim)にある同博物館によると、棚は陶製で、火葬場跡の地面に埋まっていた。発見された破片には、何回も使用され、極度の高温にさらされていた形跡が残っているという。また、1945年1月のソ連赤軍の進攻にともない、敗走するナチス軍が火葬場を破壊した際の傷もついているという。

 発見された棚の破片について、同館は「ホロコーストの恐怖に直接結びついたもの」とコメントしている。

 なお、同館は、このような火葬用の棚をすでに1台収蔵している。(c)AFP



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

アフィリエイトならリンクシェア