So-net無料ブログ作成
アフィリエイトならリンクシェア

新潟市BRT構想ルート私案2016年版を掲載します #BRT #バス #新潟 [バス・鉄道・航空・トラム・LRT・BRT]

こんにちは、こういちです

2013年から本年にかけて更新を繰り返してきた新潟市のBRTの私案2016年版
の記事を作成し、掲載します。

Googleマップで、
『新潟市BRT構想ルート私案Ver.2016.01.XX.XXXX』
を作成しましたので、本ブログに掲載します。
詳細については、構想マップのURLをクリックして閲覧してください
(今後修正する場合有り)


「新潟市BRT構想ルート私案Ver.2016.01.10.0007」(Googleマップ)
https://drive.google.com/open?id=1es3a0ZcgIFPLJ61_LWv3yDGMaZI&usp=sharing

[ルートマップ広域図]



「Googleマップ」で作成した構想ルートマップについては、
下記の通りです。

1.BRTのルートの概要

(1)BRT新潟市中心街ルート
「新潟市内環状ルート」、
「BRT萬代橋ライン」
とそれに付帯する支線群で構成します。

(2)BRT新潟市江南区亀田地区ルート
「新潟市内環状ルート」から分岐する、新潟市江南区亀田地区へのルートです。

(3)南区白根地区ルート
(4)国道113号線(空港通り)ルート
(5)藤見町・河渡ルート
(6)大形ルート


2.BRTの運行系統私案

(1)BRT萬代橋ライン拡張ルート
青山(イオン新潟青山ショッピングセンター前)~白山駅
~市役所前~古町~万代シテイ~新潟駅前(高架下交通広場)
~紫竹山~南長潟~スポーツ公園前~新潟市民病院前

青山(イオン新潟青山ショッピングセンター前)~白山駅
~市役所前~古町~万代シテイ~新潟駅前(高架下交通広場)
~紫竹山~南長潟~イオンモール新潟南~南部(営)

(2)BRT萬代橋ライン亀田ルート(江南区亀田地区ルート)
青山(イオン新潟青山ショッピングセンター前)~白山駅
~市役所前~古町~万代シテイ~新潟駅前(高架下交通広場)
~紫竹山~南長潟~イオンモール新潟南
~江南警察署前~江南区役所前~亀田駅西口

(3)BRT萬代橋ライン大形ルート(東区大形地区ルート)
青山(イオン新潟青山ショッピングセンター前)~JR白山駅
~市役所前~古町~万代シテイ~新潟駅前(高架下交通広場)
~蒲原町~下木戸(東区役所前)~大形本町三丁目(イオン新潟東)~県立大学前

新潟駅前(高架下交通広場)~蒲原町~下木戸(東区役所前)~大形本町三丁目(イオン新潟東)
~一日市

新潟駅前(高架下交通広場)~蒲原町~下木戸(東区役所前)~大形本町三丁目(イオン新潟東)
~津島屋

(4)外環状線(新潟市内環状ルート)
新潟駅前(高架下交通広場)~万代シテイ~古町~市役所前
~白山駅~(旧電車通り~千歳大橋)~県庁バスバース
~女池インター前~新潟市民病院前~スポーツ公園前~南長潟
~紫竹山~新潟駅前(高架下交通広場)

(5)中央環状線
新潟駅前(高架下交通広場)~万代シテイ~古町~市役所前
~白山駅~(旧電車通り~千歳大橋)~県庁バスバース
~出来島(DeKKY401前)~鳥屋野十字路~新潟駅前(高架下交通広場)

(6)白根線(南区白根地区ルート)
新潟駅前(高架下交通広場)~[万代シテイ~古町~市役所前~南高校前]
or[鳥屋野十字路~出来島(DeKKY401前)]
~県庁バスバース~美咲合同庁舎~(平成大橋)~新潟ふるさと村~大野仲町
~白根バスターミナル

(7)山の下・空港線
新潟駅前(高架下交通広場)~万代シテイ
~万国橋~末広橋~(国道113号線)~新潟空港

(8)山の下・松浜線
新潟駅前(高架下交通広場)~万代シテイ
~万国橋~末広橋~(国道113号線)~下山
~松浜交通結節点

(9)河渡・松浜線
新潟駅前(高架下交通広場)~万代シテイ
~万国橋~長者町~藤見町~河渡~松崎
~海老ヶ瀬木工団地~(国道113号線)~下山
~松浜交通結節点


3.BRT専用レーン・走行方式

専用レーンと停留場の私案は、
Googleマップ「新潟市BRT構想ルート私案Ver.2016.01.10.0007」
の「BRT専用レーンレイヤ」を参照。
(Googleマップは航空写真モードを推奨)

(1)BRT新潟市中心街ルート
新潟駅万代口~国道116号線寄居町交差点(東大通、萬代橋通り、萬代橋、柾谷小路)
→中央専用レーン走行方式

国道116号線寄居町交差点~国道116号線市役所前交差点(東中通)
→左端専用レーン走行方式
→中央専用レーン走行方式
(東中通停留場区間は、左端レーンを停車区間に、中央レーンを通過レーンに設定する)

旧電車通り関新ガード下交差点~県道42号線青山道下交差点
→中央専用レーン走行方式

国道116号線市役所前交差点~国道116号線関屋昭和町交差点(西大通り)
→中央専用レーン走行方式

国道116号線関屋昭和町交差点~県道16号線上沼交差点
→中央専用レーン走行方式

国道116号線新光町交差点~国道116号線網川原交差点(美咲合同庁舎入口)
→中央専用レーン走行方式

県道290号線太右衛門新田交差点~県道290号線南長潟交差点(鳥屋野潟南部地区)
→中央専用レーン走行方式
*ただし、県道290号線鐘木交差点~新潟市民病院構内道路は、BRT専用道路とする

新潟駅南口広場~県道290号線南長潟交差点(市道弁天線)
→中央専用レーン走行方式

(2)BRT新潟市江南区亀田地区ルート
市道弁天線南長潟交差点~県道16号線亀田工業団地交差点
→中央専用レーン走行方式

県道16号線亀田工業団地交差点~県道16号線つたえ鵜之子傳ホール前
→中央専用レーン走行方式

県道16号線つたえ鵜之子傳ホール前~県道5号線亀田駅前交差点
→左端専用レーン走行方式

(3)南区白根地区ルート
国道116号線網川原交差点~国道8号線大通南交差点
→中央専用レーン走行方式

国道8号線アクティオ白根工場角交差点~国道8号線白根交差点
→中央専用レーン走行方式

(4)国道113号線(空港通り)ルート
国道7号線東港線十字路交差点~国道113号線万代島入口交差点
→中央専用レーン走行方式

国道113号線万代島入口交差点~国道113号線東セレモニーホール角交差点
複線片側専用レーン走行方式
(柳都大橋、ピアBandai、新潟西港施設側に複線専用レーンを設置する)

国道113号線東セレモニーホール角交差点~国道113号線末広橋交差点
→中央専用レーン走行方式

国道113号線末広橋交差点~国道113号線下山交差点(空港通り)
→左端専用レーン走行方式

(5)藤見町・河渡ルート
国道113号線紡績角交差点~山の下東港線東特別支援学校南西部交差点
→中央専用レーン走行方式

国道113号線東特別支援学校北部交差点~国道113号線下山交差点
→中央専用レーン走行方式

(6)大形ルート
国道7号線東大通交差点~県道3号線沼垂東二丁目交差点
→中央専用レーン走行方式


4.交通結節点(トランジットセンター)

(1)青山(イオン新潟青山ショッピングセンター前)

(2)市役所前

(3)新潟駅前(万代口バスバース~高架下交通広場~南口バスバース)

(4)JR亀田駅(西口・東口)(亀田地区交通結節点)
BRT萬代橋ライン亀田ルート(江南区亀田地区ルート)と、江南区大江山地区、同横越地区、秋葉区新津地区、阿賀野市への交通結節点です。

下記の現(2017年3月)「S6長潟線」、「S9亀田・横越線」系統後継フィーダーバスの結節点に設定します。

[新設]:(循環・逆方向も可)亀田駅西口~二本木~木津~北方文化博物館(上沢海)(※)~横越~亀田駅西口
S63:亀田駅東口~大江山連絡所
S90:亀田駅西口~横越~水原
S94:亀田駅西口~上沢海堤防(※)~秋葉区役所
S95:亀田駅西口~上沢海堤防(※)~京ヶ瀬(営)
S96:亀田駅西口~二本木~秋葉区役所
S97:亀田駅西口~酒屋車庫
S98:万代シテイ~新潟駅前~山二ツ~亀田駅西口

(※)
江南区沢海地内の沢海新田停留所~北方文化博物館の市道に路線バスルートを開設し、
バス停留所「下沢海」、「北方文化博物館(上沢海)」を新たに設置する。
従来の県道17号線(阿賀野川左岸堤防道路)上の「上沢海博物館前」を「上沢海堤防」に、
「下沢海」を「下沢海堤防」に改称する。

(5)松浜交通結節点
BRT空港通りルート、BRT藤見町・河渡ルートと、北区松浜・南浜・太夫浜地区への交通結節点です。

下記の現(2015年12月)「E2空港・松浜線」系統後継フィーダーバスの結節点に設定します。
E23:松浜交通結節点~新潟競馬場
E24:松浜交通結節点~(島見町)~北部(営)
E25:松浜交通結節点~(県道17号線松浜町交差点)~太夫浜~新潟医療福祉大学
E26:松浜交通結節点~(県道17号線松浜町交差点)~太夫浜~太郎代浜
[新設]:松浜交通結節点~(県道17号線松浜町交差点)~名目所~新崎駅北口~一日市~大形本町三丁目

(6)大形本町三丁目=イオン新潟東(大形地区交通結節点)
BRT大形ルートと、北区濁川・木崎・豊栄駅(葛塚)地区、新発田市への交通結節点です。

下記の現(2015年12月)「E4大形線」系統後継フィーダーバスの結節点に設定します。
(構想案提供及び協力:SegullWhite/内山幸治様)

[新設]:(循環・逆方向も可)大形本町三丁目~岡山跨線橋~北高校前~一日市~大形本町三丁目
E40:大形本町三丁目~一日市~新崎駅北口
E43:大形本町三丁目~一日市~大江山連絡所
E44:大形本町三丁目~新崎駅北口~新潟競馬場
E45:大形本町三丁目~早通団地~豊栄駅
E46:大形本町三丁目~新崎駅北口~木崎小学校前~新発田(営)


5.使用車両の構想

(1)連節バス
2車体連接方式&ノンステップ構造
(ディーゼルハイブリッド(HV)方式、CNG燃料方式
なら尚良い)

(2)単体ノンステップバス
ノンステップディーゼルハイブリッド(HV)方式
CNGノンステップバス


6.BRT優先信号
BRT全ルートに、
PTPS(公共車両優先システム)を導入し、
BRT用バスの運行円滑化と走行円滑化を図る。


7.料金収受と客扱いについて
ICカードによる料金収受によって乗降の円滑化を図る。

(1)車内精算方式
◆連節バスでの車内精算方式
○中扉と後扉には、乗車用ICカードリーダーと整理券発券機と、
精算・降車用ICカードリーダーを設置する
○これによって、中扉と後扉をICカード専用の乗降扉とし、
ICカード利用者には中扉と後扉からの乗降を促進する。
前扉は現金精算専用降車扉とする。

◆一般バスでの車内精算方式
従来方式と同様に、後扉から乗車し前扉で精算し降車する。

(2)車外料金精算方式
○停留場に乗車用および精算・降車用のゲート式ICカードリーダー改札機を設置する。
○BRT用バスには精算機を設置しない
○これによって、乗車時は停留場に入場するときに自動で検札を行い、
降車時は停留場から出場するときに自動で精算を行うようにする。


8.LRTへの移行

(1)2014年9月現在の新潟市の方針
新潟駅周辺整備事業のうち、新潟駅高架化事業が完成する時点で、
LRTへの移行を検討する。
(詳細は新潟市ホームページを参照)

(2)私案
上記新潟駅高架化事業が完成する時点でのLRTへの移行を検討するのは、
新潟市の方針と同様。
この時点でのLRT移行候補のルートは、
□白山駅~新潟市役所~古町~万代~新潟駅~南長潟~鳥屋野潟南部地区
□新潟駅~鳥屋野十字路(笹出線)~DeKKY401前~新潟県庁~美咲合同庁舎
□白山駅~新潟市役所~古町~万代~新潟駅~南長潟~イオンモール新潟南
~江南警察署前(鵜の子インター)~亀田駅西口
□新潟駅前(新潟駅高架下交通広場)~万代シテイ~(万代島地区)~万国橋
~長者町~藤見町~河渡~松崎~海老ヶ瀬木工団地
~(国道113号線)~(国道113号線下山交差点)~新潟空港
を考える。


[2016/07/16/01:10]
Ver.2016.01.00.0001:新規作成

[2016/07/18/22:30]
Ver.2016.01.01.0004:
(1)松浜交通結節点を現・松浜折返場へ移動
(2)国道113号線(空港通り)ルートと藤見町・河渡ルートを、北区松浜本町地内経由に修正

[2016/07/31/21:50]
Ver.2016.01.10.0007:
(1)白根ルートを昭和大橋経由(市役所前~南高校前~県庁バスバース)に変更する
(2)藤見町・河渡ルートから新潟空港終点ルート(河渡・空港線)を削除する

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 2

長谷川

新潟駅~大形~空港 がベストかな。

ここ1か月で何回か昼夜問わず大形を通過することがありましたが
バス停で待ってる人の数が一番多い気がします。
さらに空港を往復するのなら観光客のイメージアップにも繋がるのかな。

by 長谷川 (2016-07-16 13:38) 

@ento3710

ご連絡ありがとうございます。
私なりに意見を述べさせていただきます。


まずコースですが、特に重要な基幹路線を2本程度つくり、そこでは全車連節バスを走らせる。
途中駅もしくは終着駅にターミナル駅を各2つ以上設置し、そこから派生させて他の基幹路線を造り郊外線を繋げるというのが理想だと思います。
この路線は一般車両で構いません。

とにかく“シンプルに”です。


走行レーンは基本的に中央分離帯に設置。
繁華街では人の流れを阻害しないために、アメリカ・シアトルで運用されているような地下を走行させるのも良いと思います。少し掘るだけにすれば建設費も安上がりですし、古町地区ではローサの活用も出来るのではないかと考えます。
↓シアトルの参考例です。
http://st614.blog85.fc2.com/blog-entry-644.html

このシアトルを参考にすれば、将来的に最重要基幹路線にLRTを走らせ、併せて同じ軌道上に普通の基幹路線を連節バスで直通運転もアリかなと。


信号類はすべてバスに合わせるべきです。


料金収受システムですが、最重要基幹路線に於いてはすべての駅で車外料金収受方式を使用。ホーム上での精算。これはダイヤ通りの運行に不可欠です。
また、利用者に「普通のバス」ではないと思わせることにが大切ですので、それにも効果的かと考えます。

派生基幹路線については車内料金収受方式でも構わないとは思いますがその場合は料金を均一化し、前乗り先払いが良いと思います。

長文失礼致しました。
Twitter上でご意見をお聞かせ頂けると幸いです。

また訪問させていただきます。
by @ento3710 (2016-09-01 07:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

アフィリエイトならリンクシェア